にこわたヨガ 「徒然なるままに、ヨガの事」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マントラ2

このあいだ紹介したマントラはアレンジしてあるBGM風の音楽なのですが
通常ヨガのクラスの始まり時に唱えるマントラはもう少し本格的です。
流派によってもちろんうたうマントラはちがいます。

同じ流派でも先生により節回しが微妙にちがったり、生徒の構成によっても聞こえ方もかわります。
おとこの先生による低い声の重厚な感じ、女性の生徒がおおいときのきれいな高い声のとき、いろいろです。
はじめてクラスにでたときはなんてうたってるかわからないです、もちろん。
少しおくれながら、まねしながらうたうのですがすごく神聖な気持ちになります。
集中力もたかまります。
サンスクリット語なので音ももちろんだけど、意味はもちろんわかりません。
最初、意味がわからかったのでうたう意味があるのか?ともおもってたのですが、意味がわからなくても効果が
あるのです。というのもサンスリット語の音自体がホーリーであり、その音のヴァイブレーションが、自分のなかに
響き、クラスに響き、またひいては世界に響くということだと教わりました。

以前は左脳バリバリだったので、こういうことはいまいち受け入れがたかったし、非常にカルト臭がちょっと
NO THANKSな感じだったのですが、経験ですよねー、体感としてリアルにかんじると以前の
ほうがただの色眼鏡でものごとをみていたのだなーと実感。

ちなみにアイアンガーのマントラ、探してみました。長い間うたってなかったし微妙に節回しをわすれてたので
みつけて嬉しかったです。この先生のうたいかたとはまた微妙に違うかんじでしたが、なかなかいいですよ!

invocation to lord patanjali

音だけで効果があるといえどもやはり意味もしっておいたほうが理解も深まるだろうということで
調べました、いいなー、やっぱり。

invocation to lord Patanjali 聖パタンジャリへの祈り

偉大なる聖者パタンジャリ様
あなたは神聖なるヨガ、
美しい言葉を生み出す文法、
完全なる肉体を実現する医学を
我々に授けてくださいました

ちなみにこのパタンジャリさん、(ちょっと失礼かw?)ヨガスートラという、バガバッド・ギーターと並ぶ
ヨガの2大聖典を著したおかたです。まあ、ヨガ界の仏陀みたいなひと(これもちょっと乱暴ないいかたかも
しれませんが・・・w)

アイアンガーだけじゃなく、アシュタンガのマントラもやっぱりパタンジャリさんを称えるものみたいです。

最近ネットやるときとか結構一緒にうたって練習したりしてます!w

ハ~リ~ オ~~ム  

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。